小話

人生を長い目で見て

 

img_4521-2

 

 

今日は1月30日にアメブロにアップした記事を再掲します

 

 

光陰矢のごとし、早1月も終わろうとしております

みなさまいかがお過ごしでしょう

 

最近セッションが立て続けにありましていろいろ思うこのごろ

わたしはたまに、以前のセッションでいただいたご質問を思い出して

あれはああいう回答でよかったかな?と振り返ります

 

そのときそのときでベストな(複合的な意味)「回答」をしているのですが

そこにいたる解説や、アプローチの仕方などはさまざまなので

そこをどうしたらいいか、と振り返ります

 

だいたい目に見えない物事を他者に説明するためには

どうやったって「言葉」というのは限界があります

 

早く「自分のキャッチしている情報が目の前に視覚情報として見せられないか」と思うこのごろ

 

 

 

話は変わって

 

人生いろいろ、悩み迷っているうちに不惑の年を迎え

ぜんぜん不惑じゃない!とかなってしまう方々もいらっしゃるかもしれません

 

逆に、迷っている暇もない!と人生せわしなく過ごし

悩み?なにそれ!

恐怖?あるけどそれがどうした!という方もいらっしゃるかもしれません

 

世の中、ふたりとて同じ方はいらっしゃいませんが

なぜか抱える問題は大体似通っているのですね

 

「考える」というのは個人のオリジナルのものでなくて、

集団意識で共有している情報なので

「わたしだけの考え」はありません

 

 

「考えた」ことによって生じた問題

いわゆる「わたしだけの問題」

「わたしにしかありえない悩み」

というのもまた、存在しませんね

 

 

どのような立場の方であれ

お金を持っていても、地位が高く王族といわれる方でも、恵まれた環境にいても

「わたしだけの考え」「わたしだけの悩み」というのは存在し得ないんですね

 

目に見えないものも、目に見えるものも、ボーダーレスです

 

どのような立場であれ、環境であれ

悩む人は悩み

考え込む人は考え込み^^

 

お金がなくても別に気にせずひょうひょうと人生を楽しむ人もいれば

お金があってもあれがないこれがないとアラをさがし、考えが変わらない人もいるし

 

五体満足でもあれこれと体に不満を抱き、自分を傷つける人もいれば

五体不満足でもそれはそれとして自分自身を傷つけず、日々忙しく充実した日々を過ごす人もいるんですね

 

 

だから、自分だけが、というのはありえない、ともいえます

ふとだれかに言ってみると「あら?あなたも?」なんてことが本当によくあるのですね

自分だけ、という孤独もまた、自分で作り出している幻想だなあと思うこのごろ

そういう共通した悩み・考え事について

最近セッションで伺うことの多いことがあります

 

人生のこと、恋愛のこと

性(性交)のこと、家庭のこと

など

 

ここでも簡単に、順番に書いていこうかなと思います

 

じゃあまず人生全般のこと

人生全般^^

 

 

あせらずとも人生には嵐の時期があり

あせっても凪のときがあり、ですね

 

 

 

たとえば、ある技術を編み出した開発者さんがいらっしゃいます

その方は若いころいくつかの身体的障がいがあったものの

それを克服するために熱心に研究をし、何十年後かに、世界的にも大成功ともいえる技術を編み出すことができました

 

その過程で、家庭ももて、人脈にも恵まれ、技術を欲するお客さまにも恵まれ

驕ることなく研究を続け、更なる技術の研鑽・開発に勤しみました

また、その技術を習得したい、世の中に広めたい、という方が集まって

一懸命開発者のもとで修行をする方々が増えました

 

でも、技術を習得する、というのは大変なことです

その方が何十年も携わってきたことですから

素人がはいできた!」というわけにはいきません

 

開発者は技術を習得するためのカリキュラムをつくりました

それは何ヶ月から○十年にわけて学び、実践する必要がありました

彼らがきちんと技術を習得しなければ

世の中に模造品が広まり、適正な技術が広まる可能性は薄くなってしまいますので

いくら時間がかかってもそれは必須でした

 

 

 

また、技術を理解していただく、他者に認めていただく、というのも大変なことです

まずその技術はどういうプロセスで開発されたのか

そして、なにが原材料として必要で、どのくらいのコストがかかり

どのくらいの結果をもたらし

長期的にどのような効果がみられるのか

また、どんなタイプの人間にどのような効果がみられるのか

 

などさまざまなパターンをひとつひとつ解明し

それが論理的に正しい、とある程度示す必要がありました

 

外部の方に適切にその技術を理解していただくために

第三者機関に依頼をして、専門的な証明をしていただく必要もありました

 

 

 

・・・・・その技術の開発者は「これはすごい技術だ!人類を救う!」と思うものを開発しました

 

しかし、その技術がすぐに社会的成功に結びつくか、というのはなかなかいえることではありません

 

社会的評価を得るには、ある程度の年数(百年以上か)が必要な場合があり

それが世界に広まるには何年、何十年かの時間が必要です

 

その方の人生を通したときに

身体的障がいで苦しんだ時期もあり

社会的に不遇だった時代もあり

研究がうまくいかなかった時代もあり

家庭がごたついた時代もあり

弟子といえる人々が集まってきた時代もあり

資金提供者や支援者が集まってきた時代もあり

いろいろうまくいきそうになったときに、社会的情勢が悪化して研究がストップしてしまった時期もあり

その技術自体が怪しい、危険なものだと攻撃された時期もあり

 

 

いくら、その技術開発者が

あせろうが

なこうが

わめこうが

怒ろうが

そんなことは実は関係なく

 

その流れ自体が、その人にとって必要だった

時代的に必然であり、自然なものだった

結果的に時間をおいたほうがあらゆる面においてよかった

ということがあるんですね

 

 

 

ありきたりな説明ですが

人生には泣こうがわめこうが

不遇の時代も

凪の時代も

成功の一歩手前のじりじりとした時代もあるということです

 

 

天性の、もってうまれた星の強さもあります

 

一足飛びに成功を収める人もいます

 

ただ、多くの方が、深いところでそれを望んでいない、ともいえるのです

 

 

 

 

自分で自分のことはわかりませんが

長い目で自己の「姓名」・「生年月日」を見れば

そこにいろいろ情報が入っているものですから

大体みなさんわかるはずです

 

 

たとえば、この方は

何年何月何日に、この体験をする

何年何月何日にこの人に会う、

それまでにこれとこれを経験して

この土地に行く

何年何月何日にこれを発見し

この人とこの人のサポートをもらう

何年何月何日にこの土地にいて、この人と出会って

次の○○のための話をする

何年何月何日にあの人と出会って、以前あの人と話した○○について

もっと詳しい話を聞く

その前までにあの本とあの人に出会ってこの知識を勉強しておく

何年何月何日にあの人とあの人と一緒に○○を一緒にすることで

○○を知る、○○について気づく

そのために○○に何年何月に○○を買って、○○を~~~

 

なんて、振り返ってみると実は何十何百の伏線があった、と気づくものです^^

そんな風にわたしは自分の人生を振り返って

そして多くの方々の人生の話を伺ってきた中で

人間の人生って実は「決まって」いる

恐ろしい大きな流れの中にいるのに

細かいところまで完璧に、緻密にくみ上げられている、と感じました

 

 

すでに決まっている、とはすさまじい叡智と慈愛をもってして、ようやく可能なことです

わたしのような小さな頭では、到底ここまでの人生を破綻なく創造し、経験させることはできなかったでしょう

 

自分のいま経験している人生において、次に何が起こるか

おびえたり
考えたり

あせったり

思い悩んだり

いらついたり

苦しんだり

 

そういうことを感じるため「だけ」に人生があるとはいえません

 

 

 

また、人生何が起こるか、それはある程度の予測はできますが

決定することは自分の小さな頭や、ほかのだれかには一切できません

 

できないことは、できないのです

人生を意図してコントロールして思い通りにすることはできません

無理してなにかをしようとすればするほど、苦しみと飢えと無力感、そして悲しみが増します

 

 

でも、そんな人生の中で、できることはあるんですね

それは自分の意識や、心や、体をケアすること

 

なにかをコントロールするのでなく
自分のあり方を見つめなおすこと

そのほか仕事や勉強や育児などできることはやるのですが

無理してしゃかりきに、できないことまでなんとかしようなんとかしよう!とすることはないんですね

 

当たり前ですが、そのとき、できることをやる

ふと気になったこと、やりたいことを、やる

 

 

 

人生、それ自体が短い子もいます

ある日突然、夭折してしまう子もいます

しかし、日本では多くの方が、肉体的に○○○年という人生を過ごせる中にいます

 

だから、もし苦しいとき、行き詰まっているときなどには

いまは、そういう時期であるとして
自分自身を見つめなおす時期であり
シフトする時期であるとして
休むこともまた、必要だったりするんですね

 

 

だれも、自分の人生を歩んだことはないので
わからないのはあたりまえ
惑うのもあたりまえ
どうしていいか悩むのもあたりまえ
苦しむのもあたりまえです

まあそれはそれとして、おいしいコーヒーでも飲みましょう

おいしいごはんを食べましょう

映画でも本でも漫画でも見て
お風呂に入ってよく眠りましょう

だれかと話をして、笑って、泣いて、また眠りましょう

 

 

だれもかれもが完璧に円満な人生を歩んでいません

完璧と思っているのは外野のだれかで、
本人はそうはおもってはいないかもしれません

 

悩みながらも食べ
もどかしい思いをしながらも仕事をし
苦しい思いをしながらも笑い
悲しい思いをしながらも性交をし
妬みながらも旅行をし
考え事をしながらも会話をする

 

人間器用なものでそうやって生きられるし
これからも生きるでしょう

 

凪のときもあり、嵐のときもあり
穏やかな風のときもあり

 

 

 

 

****************

 

こちらには最新のライオンあくびが掲載

 

●自宅でできる脳幹活性・「ライオンあくび健康法」を習慣化し、より効果的に実践できるよう

全国各地でライオンあくび教室が開催されています

●関東・関西各地・福島・富山・石川・岐阜など開催情報はこちら

 

 

●のぐり主催のライオンあくび教室

※京都ではお客様のご都合のよい日程で、「1回」のみの受講も可能です

※東京・京都ともに、1回のみ受けられる方は事前にどなたかのBSセラピーを最低1度は受けられることをおすすめいたします

 

・東京は2月18日(日)12時より開催

ぬいぐるみーず、東京でライオンあくび健康法教室開催!、の巻 

 

・京都は3月3日より週1×4で開催(日程変更)

ぬいぐるみーず、京都ライオンあくび健康法教室開催、の巻

 

●BSセラピー京都

※ブレインスイッチBOX(脳力開発CD)もご視聴可能

※東京は2月17日(土)開催

 

●キャッスルロックウォーター注文はこちらのサイトへどうぞ

img02

関連記事はこちら

(飲用方法・保存方法等書いてあります)

スパークリングタイプの感想・飲み方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です