小話

「性」について向き合う

ぬいぐるみーずsweets!販売中

今回の販売期間 2月5日から2月9日20:00

 

ぬいぐるみーずsweets!は

「モンドルキリの野生蜂蜜」や「アートテンの高エネルギー値の卵」、「生体ミネラル」など

自然の恵みと生産者の愛情がたっぷり詰まったものを使用している

世界にひとつだけの特別なおかしです

image

●おかしのご感想おまとめページはこちら

●販売詳細・お申し込みはこちら

お申し込み方法が少し変わりましたのご注意くださいませ

 

 

 

みなさんこんにちは

福井のほうは出るのも入るのも大変というぐらいの雪だそうで、雪国で育っていないとどの程度の大変さか、とても想像がつきません

それでも立春を過ぎましたね

今朝ふと目が覚めたときに「ああこれから暑くなるんだな」「あの暑さが戻ってくるんだな」と思いました

あの暑さの中ではなにもかもがイヤになって怠惰になります

寒さと暑さ、どっちもどっちです^^

 

 

さて、最近なぜか「性」・「性交」についてブログで書かないなあ・・・なんて思っていました

せっかくブログを引っ越したので、もう少しオープンにいろいろ書いていきます

 

過去ブログで、「性」について参考文献をもとにお話したことがありました

性の現場から見えてくること、の巻

性の現場から見えてくることの「読み方」、の巻

性の快楽を感じてから、その先、の巻

 

参考文献はこちら

 

この記事を書いたのが一年前なので、もう本の内容も忘れていますし

自分が書いたことも忘れました

そこでブログを読み直してみたら、ふとこんな文章が気になりました

 

「性について向き合うとき

日本の貧困についてどうしても直面する」

 

風俗業界で月収100万円以上稼ぐ女性・男性もいれば

どんなにがんばってその世界で働いても月収ン万円ほど、という方もいらっしゃるわけです

それはその方の事情がありますが

性を売る、あるいは風俗業界で一概に稼げる・景気がいい、なんてことは言えないんですね

 

一般に広告で出ているような接客・製造アルバイトではどうしても働けず、稼ぐことができない

家族の事情や自分自身の体の問題で、連続勤務の仕事はムリ

風俗業界はそんな「現代社会の一般的とされる生き方」では生きられない方々が働いているそうです

(また、望んでこの世界で生きてる方も)

 

現代社会でひとりで(あるいは扶養家族をもって)生きることは、想像以上に大変で、国の福祉対策ではサポートしきれない

以前ならムラ社会があって、まだひとり単位の負担は少なかった

しかし、いまはムラ社会も崩壊し、都市部ほど地域との交流がなく

老若男女問わず「ひとり」で生活の基盤を整える必要があるようです

 

そのためひとり・自分で「お金を稼ぐ」しかない

そこで手っ取り早くお金が手に入る、かつ日払いも可能な風俗業界で働きたいという女性が増えているわけですね

 

しかし、現代では風俗業界で働きたいと希望しただれもがそこで働けるわけでもない

また、風俗業界というのも基本は接客業ですから、その人のコミュニケーション能力がなければ、希望する稼ぎも得られない

風俗業界の中にも(だいぶ昔からでしょうが)貧困層と富裕層が二分化されているとのことで

性の世界もまた改革を求められ

ある経営者やオーナーは、いかにして女性たち(男性たち)に長く、快適に働いてもらえるか考え、接客を手厚くレクチャーしたりと対策をしているとのこと

 

 

わたしはいわゆる「恵まれた家庭」で育ったなあと思います

口うるさいが両親がいて、家があって、

大学まで出してもらって、就職せずに家でぷらぷらしていました

決められたレールの上を歩きたくない、と思っていましたが、

今振り返ると見事に安全なレールの上を歩ませてもらっていました

 

そのため、20代前半までは

「10代半ばだろうと自分で生活をしなくてはいけない」

「希望する進路を選べない」

「大学に行かない、専門学校に行かない」

「性の業界で働く「しか」ない」

「性業界に就職しても、持病やコミュニケーション能力がないという理由で働くことができない」

という方々が本当に本当にいる、とは思いもしませんでした

 

学校では教えてもらえない世界

学校(仕事先)と家だけの往復の世界では、決して見ることもできない世界であり

週刊誌やニュースでやたら「卑猥」なイメージをもたされている世界が、実はぜんぜん違う

そこはいろんな種類の人間が集い、きれいごとでは片付けられないことが山盛りで、

国のサポートが必須なところであるということ

などということが大人になってようやくわかりました

 

わたしはいろんな世界や人に出会って

「稼いで生きる」という点では、どの業界の人でも、

必死に頭と体を使って生きている、という点は共通していると思います

みんなイヤイヤだろうとなんだろうとこの社会で生きるために、なにがしかの形で体を張っている

(その点、まだまだ自分は生ぬるく、あまちゃんなんだろうなあ・・とも思います)

 

「性」について書くとき

どうしても、「生きる」という理由なき、根源的な欲求があるということもリンクすると思いまして

ちょっと先にここに書いておこうかなと思いました

 

「生きる」って、なんでこんなにややこしくって、なんでこんなに痛々しくて

なんでこんなに楽しくて幸せなのか

わたしにとってはいろんな想いが交錯することです

 

 

むすび「らむね!かわいいね!」

いただきもののラムネ

おしゃれすぎておいしすぎた

 

 

 

 

むすび「みんなでたべよ!」

{40CCD50C-14EA-4F93-9F5A-526467068065}

むすびは近年まれにみる性格のいい子で、みんなと仲良く

おいしものをもらっても独り占めせずみんなとわけっこをします

東にけんかしている子供がいれば行って仲裁して仲をとりもち

西におなかを空かせた子供がいれば行って自分のごはんをわけて笑い話をする、っていう感じの子です

だいたいぬいぐるみーずは一癖も二癖もある子ばかりなのですが

なんでこんないい子が我が家にきたんだろな・・・・

 

 

*******************

 

こちらには最新のライオンあくびが掲載

 

●自宅でできる脳幹活性・「ライオンあくび健康法」を習慣化し、より効果的に実践できるよう

全国各地でライオンあくび教室が開催されています

●関東・関西各地・福島・富山・石川・岐阜など開催情報はこちら

 

 

●のぐり主催のライオンあくび教室

※京都ではお客様のご都合のよい日程で、「1回」のみの受講も可能です

※東京・京都ともに、1回のみ受けられる方は事前にどなたかのBSセラピーを最低1度は受けられることをおすすめいたします

 

・東京は2月18日(日)12時より開催

ぬいぐるみーず、東京でライオンあくび健康法教室開催!、の巻 

 

・京都は3月3日より週1×4で開催(日程変更)

ぬいぐるみーず、京都ライオンあくび健康法教室開催、の巻

 

●BSセラピー京都

※ブレインスイッチBOX(脳力開発CD)もご視聴可能

※東京は2月17日(土)開催

 

****************

 

●キャッスルロックウォーター注文はこちらのサイトへどうぞ

img02

関連記事はこちら

(飲用方法・保存方法等書いてあります)

スパークリングタイプの感想・飲み方

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です