希望の命水(栄養)

新・ミネラルの勉強1(ミネラルを予防医療に)

みなさんこんにちは^^

これから「生体ミネラル」の基礎的な勉強をしてまいります

 

いままで「生体ミネラル」の勉強を55回にわたってやってまいりましたが、

今一度、「そもそもミネラルってなに?」「ミネラルは摂取すると人体にどう影響するの?」という

知ってるようで知らないことを勉強をしていこうかと思います

 

生体ミネラルとはこちら

JES販売・「希望の命水」

【送料無料】《希望の命水(めいすい)2L》1日わずか30ml〜目安で約2か月分生体ミネラルミネ…10,800円楽天

 

公式サイトはこちらwww.j-smc.co.jp/

 

 

実はビタミン類やたんぱく質を摂取するにも欠かせないミネラル

生きるため、成長するために必須とされるミネラル

 

 

甘いものを異様に欲するのも、PMSの症状や更年期障害が重いのも

病気とまではいかないけれどもなんだか調子が悪いのも

集中力が持続できないのも、学校の成績が上がらないのも

ケガが治りにくくなっているのも、頭がぼーっとしてやる気が出ないのも

カゼをひきやすくなかなか体調が元に戻らないのも

イライラしがちで怒りやすい、情緒不安定なのも

そわそわ落ち着かず、やたら動き回りたがるのも

もしかしたら、ミネラルが足りないのが一因かもしれません

 

 

ミネラルのことが気になる方はまずはこちらの本をどうぞ

沼田光生(著)「あなたの知らない生体ミネラルの真実」

 

著者紹介によると、沼田先生は周南病院理事長をされながら、有料老人ホームを運営され、

さらに山口県の「海風診療所」において予防医療からがん治療にいたるまで、

個人のライフスタイルにあった医療をトータルにサポートされているそうです

 

 

沼田先生は「希望の命水」を販売している「JES」の顧問医師をされていて、

薬を摂取されている方が「希望の命水」を飲用される場合の飲み方などを医師の見地からアドバイスしてくださいます

 

 

その先生が上記の著書の冒頭でこのようなことを書かれています

「予防医療の基本として、ミネラルを取り入れた医療が、薬と違い副作用もなく、最も安全で確実な未来型医療であることを、長年の医療経験によって確信しております。」

以上、本書3ページより

 

 

もしいま、みなさんが具合が悪くなったら、まず医療機関にかかるかと思います

そして医者の指導に従って検査・診断を受けて、薬を投与され、場合によっては手術・入院・通院ということもあるでしょう

 

しかし、多くの場合は「根本的な治癒」にはいたりません

西洋医学的な医療行為も薬の投与もあくまでも対処療法であります

一時的に楽になりますし、よくなったかのように見えますが、

「なぜそうなったか」について明確にはできず、適切な指導がなかなかできないのです

 

現代医学で解明されている知識と対処法によって、医者にはそのときできるだけのことをしていただいているのですが、現代医学にも限界があるわけです

 

本書では西洋医学や薬漬けの医療に限界を感じる医者の話も出てきます

 

わたしが以前知人などから伺った話では

有名な医者であればあるほどに自分が慢性疾患やガンなどにかかったとき、高度・高価な西洋医療よりも民間療法を試す、逆に何もしない、という方法をとるとのことでした

また、現役の医者・看護師さんも、薬は人体にとって大変な負担が大きいので、家族には薬を飲むのを控えるように言っているとのことでした

 

実際、医療機関にかかっても、解決するより体にとって逆に負担になるような治療が続き

根本的な解決を求めるのはなかなか難しいのが事実です

 

それではどうしたらいいのか?

医療や薬に頼らないで、どうすれば健康で、病気にかからないでいられるか?

 

そこで沼田先生はこう書かれています

「自分の健康は自分で守る

「自分の病気は自分で治す」

予防医療の基本として、ミネラルを取り入れた医療が薬と違い副作用もなく、安全で確実な未来型医療であることを、長年の医療経験によって確信しております」

 

 

話はこの冒頭の文章に戻ってくるのです^^

ミネラルがそんなに効果があるの?と思われた方、ぜひ沼田先生の本を読んでいただくか

 

わたしの過去記事をご覧いただければと思います

https://ameblo.jp/wanguri/themeentrylist-1-10100481649.html

ミネラルの記事は全部で55個あります

 

 

もちろん、薬やお医者さんを信頼されて利用されることを選ばれる方もいらっしゃいます

結局はご本人が安心できればそれで充分かと思います

何をどう選択するかは自由です

 

ただ、薬や西洋医学一辺倒でなく、沼田先生の書かれているように西洋医学も民間療法もなにもかも、「いいとこどり」できればなおよろしいのではないかと思います^^

もし、本来の自己免疫力・自己治癒力を高め、回復させたい、と言う方には

これから書いていく「ミネラル」の知識が特に役立つかと思います^^

 

 

 

次回、ミネラルの基礎知識、生命にかかわるミネラル!について^^

恋にドロップドロップ!

 

 

**

 

 

くるみ「ぶ!」

遠足用に、アートテンの卵とモンドルキリの野生蜂蜜、ライ麦パンでサンドウィッチを作ったら、まあおいしい

しかし、くるみたちにはいまいち塩気が足りないとぶーぶー言われました・・・反省

塩は大事!;;

 

 

 

①希望の命水キャンペーン

②キャッスルロックウォーター

③ライオンあくび教室やBSセラピー すべてのお知らせは

こちらへどうぞ

メニューご紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です