未分類

すっきりさわやかさっぱり、という感覚

月守ワーク受付終了

image

お申し込み&お手続きいただいた方は
すべてこちらで確認しております^^

4月開始まで、いましばらくお待ちくださいませ^^

 

みなさんこんにちは^^

あくびされてますか^^

 

わたしは毎日毎日ライオンあくびをしております

あくび、あくび、あくび、あくび・・・

いまは口を開け続けてちょっと疲れたので休憩中です

わたしはやりたくないこと、やらなければいけないけれどもやる気がないことはとことんやれないのですが、あくびは続いているなあと思います

えらいえらいと自分をほめる

 

ちょっと話は変わって

最近、「むりだろうなあ・・・」とずっと放っておいたことをどうしてもしなくてはいけなくなりました

そこは不安と恐怖の渦巻く分野で、わたしの苦手分野だったのですが

もうそこをやらないとどうしようもないという状況に追い込まれました

いままでエネルギー的に詰まっていてもなんとかなっていたところが、ここぞとばかり一掃されているような状態です

 

いままで「むりだろうなあ」と思って忘れていてもまあなんとかなっていたので、「ふううん」とのほほんとしていたのですが

ふとしたきっかけで「そうでございました・・・」となりまして、本気を出して取り組まねばならなくなりました・・・

人間、怠惰でいいならいつまでもだらだらと怠惰なままですがそれではなにも変わらないし、進歩しないのですね・・・

ちゃんと本気を発揮しないといけないところがあるのですよね

 

しかしこの本気というのは思考をつかって力んで、ムリヤリなんとかするというイメージがあるので敬遠してしまいますね

よっこらせ、と腰を上げる必要があるのですが

ただこのとき、力が必要、というわけではありません

 

たとえば、何年も引きこもりを続けていた状態から外の騒がしい世界に一歩踏み出すのは並大抵のことではありません

何年も上げなかった腰を上げるのですから^^

しかしそこで、自分の本心を隠したまま、ひたすら力んで、頭で考えて「出なきゃ!」「働かなきゃ!」なんて思ったらすごいストレスです

人間は本能的にストレスを避けるようになっているので、そう思ってもうまく腰が上がらなかったり

たとえ腰を上げて外に出てもストレスが継続されるのですぐにもとの状態に戻ったり

今後本気を出さないといけないときにこの「ストレス」を思い出して「もう本気を出したくない」と思ったりするのです

 

人間は快楽に貪欲です

 

だから、力んでストレスをためるより、

「本気を出すこと」=「すっきりする」「きもちいい」と思うように回路を設定すればとてもラクチンです

(すっきり・さっぱりは「わくわく」でも「にやにや」でも個人的嗜好で可)

頭で考えて「こうしないと」「ああしないと」と思うと、「本気を出すこと」=しんどいこと、がんばらないといけないことという回路が設定されます

これはうれしくないからなかなかできません^^

 

長期間にわたって家に引きこもっているのは、罪悪感や自己嫌悪、自己否定にまみれてとても気が休まりません

心から安心したり、ほっとしたりするということはそうそうありません(経験談)

安心できないけど、がんばれないから家の中にこもってしまう

がんばれないのは当たり前です、しんどいのですから

それよりも、少しでも行動したり、なんらかのアクションを起こしたりして(それが家族に対してほんの少し対応を変えるだけでも)

何か心が動くことをすること、すがすがしく、少しでも気持ちが軽くなるようなことをすることのほうがよほど大事です

その感覚によって、人は自然と素直に次の行動に移れます

 

思考によるストレスにまみれなければ、人はわりとシンプルな構造をしているのです

 

だからそういう風に、自分の脳内の感覚回路を新しく設定・作ってしまえばいいわけですね

思考を使っていると損得優先の回路になって、心の感覚(軽やかな感覚など)は二の次になりますからしんどいです

 

 

わたしはいままでの人生を振り返って、「わくわく」よりもすっきりさっぱりすがすがしくここちよい、のほうが「転機」になったのだと気づきました

掃除をするのもその気持ちのために・・・

仕事や勉強をするのもその気持ちのために・・・

ブログを書くのも、あくびをするのも、BSセラピーを受けるのも

振り返ればその気持ちが強いなあと気づきました

 

すっきり^^

 

あくびを何十分か継続すると、細胞がふるふると震えて、すっきりと生まれ変わったようになります

古い記憶や感情や・・・なんだかいろんなものがふるい落とされて、内部の光の部分(新鮮!)が顕れるような

そういうこと^^!と自分で納得です

 

 

人間には、一見ネガティブな不安や恐怖がないと、行動しないという性質があるそうです

不安・恐怖がないと、働くきっかけがなかったり、技術の進歩がなかったり、ここまでの科学技術や豊かな生活はなかったでしょう

(これからはそんな好奇心や心からの喜びをベースにした世界に変遷するそうですが)

いまは好奇心や楽しさ・わくわくだけで生きていける人ばかりではありませんよね

どれだけ平気な顔をしていても、みななにかしら抱えているものはあります

わたしも、ネガティブな思いをいまだに抱えています

でも、それにとらわれる・振り回されるというのはもう本当に減りました

いまだに相方に対してぷりぷりすることはありますが、それもご愛嬌です(相方がひたすら被害をこうむるのでご愛嬌ともいいきれないかも)

ネガティブなことも、まあまあそういうものですねと思いつつ上手に付き合っていければいいかなと思っています

 

*******

 

ちょっとだけぬいぐるみ劇場

 

先週、ようやく山から下界の珈琲店に下りてきたくるみご一行

下界の感覚に調子が狂いながらもおなかはすくので、ちょっとなんか食べましょうということになりました

くるみ「ぶ!」

何を食べようかな?と迷っていたところ

くるみの指令でヨーグルトを食べることになりました

 

 

くるみ「ぶぶぶ!ぶーぶ!」

むすび「きんいっぱいだね!」

くるみは菌食品が大好きで早く食べたくて仕方がないのでぶーぶー言ってました

 

 

このレトロな牛乳瓶みたいのがなんかいいんだよね^^

はいどーぞ

くるみ「ぶ!」

我先にとヨーグルトにとびつくくるみ

 

 

しかしくるみは食べるより先に

くるみ「ぶー・・・」

お手手を突っ込む派

くるみはヨーグルトでも甘酒でも豆乳でもなんでも、とにかくお手手を突っ込まないではいられないのです・・・

 

 

でも食べるときはスプーンで丁寧に

くるみ「ぶぶぶ」

お味はいかがでしょう?

 

 

くるみ「ぶーう!」

大変ご満足いただけたらしくお目目キラキラです

 

 

この後くるみはいっぱいヨーグルトを食べたので、あっという間になくなってしまったのですが

くるみ「ぶぶぶぶぶー!」

くるみ、ご乱心

 

 

もうないねん、っていうかわたしもおなかいっぱいだわ

ヨーグルトはおしまいね

くるみ「ぶ・・・ぶぶ・・・」

悲しみ落ち込むくるみ

ぶぶぶぶとだいぶ悲しんでいましたが、この後すぐに立ち直っていました

ぬいぐるみーずはみんな切り替え早い!

 

 

****

 

①希望の命水キャンペーン(無料サンプルあり

②キャッスルロックウォーター

③ライオンあくび教室やBSセラピー すべてのお知らせは

こちらへどうぞ

メニューご紹介

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です