BSセラピー体験

BSセラピー感想

 

 

みなさんこんにちは^^

今日は告知から

7月・月守ワーク受付開始です↓

月守ワーク携帯・スマホ版

今回受け付け期間は6月24日までです^^

お手持ちの携帯端末・スマホにエネルギー情報を注入し、

人生向上・人生のシフトのための“お守り”に設定いたします^^

詳細はこちら

 

 


 

こちらは先日、BSセラピーを受けられた方の感想です

この方はライオンあくび健康法を半年以上、数セット毎日続けていらっしゃるそうです

体を激しく動かす仕事をされているので、体がつらいときもあるそうですが

それでもライオンあくびを続けているおかげで、前だったら疲れを持ち越していた、つらかっただろうな、というときでも、いまはそのようなこともそれほどなく動ける、ということでした

 

今回の感想は、ご自分と同じように体にひどい痛みなどがある方は、

あくびのときの体勢がつらいのではないか?

なかなか効果が出なくて続かないのではないか?

などと思われているかもしれない

だから、こういう感想もあるよ、と紹介してもらえれば、

ということで書いてくださいました^^

 

 

Tさん(40代)

 

「仕事が原因か年齢が原因か分からないのですが、

常に体が痛いため

施術の際横になった瞬間から

腰や首、背中などに痛みが走ります。

 

特にモナリザ※の体勢になるとその痛みは酷くなり、

(※のぐり注:モナリザは体を少しひねる動作です)

苦痛にさえ感じる事が多いです。

 

しかし施術スタートから12、3分経つと肉体をまとっている感覚が薄くなり、

体の痛さを感じなくなり身体中が気持ちよくなってきます。

 

最初は横になっているのさえ辛いのですが、

施術が終わる頃にはもっと口を開けていたい衝動にかられます。

 

そして施術終了後は体の痛みもなくなり、

結果として姿勢が良くなり、

動くのも座っているのもとても楽になりました。」

 

以上、ありがとうございました^^

(Tさんは例外ですが、基本的には体がつらい場合、ムリしてその体勢を続ける必要はありません)

 

体の状態を見てると

体は本当に本当に「自分で自分を修復しようとする」というのが目に見えてわかります

 

体がどれほどしんどい状態であろうと、ボロボロだろうと

生きている限り、体は一生懸命に「自分で自分を治そう」という意思をもって、内部からうごめいています

(その、治すために必要なものが脳幹からの「神経伝達エネルギー」です)

脳幹を活性化していくときに、自動的に体が動き、

体の内側からエネルギーが放射され、発光していく様を見ると、それを確信します

こんな風に内側から体を修復するのは、自我レベルではない、もっと深層のなにかです

「もっと口を開けていたい」、と思えるのも、その深層からの働きかけが強くなるからでしょうか^^

 

しかし、そのシステムを何十年も抑制して、完全に発揮させなかったのはだれかというと、ほかならぬ自分なんですね

自分で自分を治す力がある限り、それを十二分に発揮してもらえるように、あくびを続けたいものです^^

関連するような記事はこちら↓

 

①BSセラピー・ハーモニー通信vol.5

「BSセラピーで身体はこんなに変わる」

http://bs-therapy.com/pdf/02_harmony/vol_05.pdf

 

 

②BSセラピーKOBE院長の心と体のカイホーを目指して!ブログ

他に類を見ないリラックス感

https://ameblo.jp/seitai-kaiho/entry-11983479889.html

以上

 

 

★生体ミネラルキャンペーン中!

→→JESスタッフブログ!・緊急改変!太っ腹すぎるキャンペーン爆発!!!(無料サンプル申し込み可)

新規会員希望の方で、のぐりを通してお申し込みされると特典がつきます^^→こちらのお問い合わせフォームからどうぞ

・キャッスルロックウォーター購入

・6月23日(土)ライオンあくび教室・BSセラピーなどのお申し込みはこちらへどうぞ

メニューご紹介

 

 

*********

 

こちらは数日前のももた

ももた「              」

じーーーなのなももた

じーーーーなのなももた

 

先日、静岡の川奈ホテルに遊びに行きました^^

川奈ホテル、私は知らなかったのですが、ゴルフ場で有名なのですね・

Wikiを見てみると、川奈ホテルの格式?の高さについておもしろエピソードが載ってました

駅が近くにいらない理由に、なるほどでした^^

 

 

 

ねーももた、さっきから静かだね

気に入ったかな?

ももた「               」

きりっなのなももた

 

ももたは重役気分で豪華なソファに座っていました^^

都会の豪華絢爛なホテルの雰囲気とまた違って

歴史を感じさせる落ち着きと、重厚感のあるとても静かな雰囲気のホテルで

ももたも気に入ったようでした^^

こういう、昭和初期の小説に出てきそうな古きよきホテルががまだあるんですねえ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です